スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春霖撫秋意

2009年08月16日 05:11

我曾聽過有人說

「杜鳳兒其實沒有追尋著秋八月,是秋八月一直在追尋著杜鳳兒」

看了這句話,也許很多人會反駁
應天風如此無情,在鳳兒需要他之時都可以斷然離開,鳳墜梧桐時,僅有人力如何回天
如此之人甚是冷血,豈會是他追循著鳳兒?

就傀渡論之後秋八月對待鳳兒的態度看來,似乎是如此

但我卻感受到另一層不同的感覺

還記得鳳墜梧桐之後,灰色暗竹花紋的秋八月登場,滿身愁緒獨立高峰望天宇的描寫嗎?

---------

高處不勝寒
風刺骨
月冷無聲
無奈愁傷無所訴
遙想
遠望
天宇
多少熟悉故人
在海的彼端
漫漫火道的另一邊

----------

是的
高處不勝寒,誰能在秋風襲起時灑下柔柔春霖
孤寂了然泰斗,唯有高台之鳳可交心,秋風唯可訴鳳凰,秋風唯可訴鳳凰啊......


唉....
這種深透的心理層面描寫,現在的天宇何時能再表現出來....?鬱悶~

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kiyiri.blog15.fc2.com/tb.php/203-1efdebb9
    この記事へのトラックバック

    NEW ENTRY

    噗浪園地

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。